私は1926(大正15)年、福島県で生まれました。私が10歳のとき一家が北海道開拓で移住したため、幼少期は、阿寒(釧路市)で過ごしたのです。阿寒は、かつては雄別(ゆうべつ)炭鉱を中心とした炭鉱の町として栄えていました。

私の人生に最も影響を与えた人、私の心をいつも照らし続けている人、それは母です。今も私の目に焼きついている母の姿に、こんなことがあります。

その当時、炭鉱で過酷な労働を強いられていた朝鮮の人たちが現場から逃げ出してくることがありました。そのたびに母は、その人たちを※地下むろにかくまったのです。逃亡した彼らを探すために警察が尋ねてきても、母は警察の尋問にも動ずることなく彼らを守ったのです。その当時の警察に対して偽りの対応をするということは、どれほど大変なことか、もしウソがばれたらどう言う目にあうか、子供ながらに理解していましたので、母のとった行動はまさに、命がけでした。私は幼心にそのときとった母の行動と精神に感動し、それを教訓として今まで生きてきました。

地下むろ(지카무로): 食物などを貯蔵するために、地下に掘った穴蔵を地下むろという。
           (음식 등을 저장하기 위해 지하에 파고 움집을 지카무로한다)

後藤吉助

나는1926(大正15)년、후쿠시마현에서 태어났습니다。내가10살때 가족이 홋카이도 개척으로 이주했기때문에 어린시절은 아칸(쿠시로시)에서 보냈 습니다。 아칸은 한때 雄別(유베트)탄광을중심으로한 탄광마을로서 번창했습니다。

내 인생에 가장 영향을준사람、내 마음을 항상 계속비추고있는사람、그것은 어머니 입니다。지금도 내 눈에 구워붙어있는 어머니의모습에 이런 일이있습니다。

그 당시 탄광에서 가혹한노동을 강요당하고있던 조선사람들이 현장에서 도망쳐올수 있었습니다。그때마다 어머니는 그 사람들을※지카무로에 숨겨입니다。

도망한 그들을 찾기위해 경찰이 찾아와도 어머니는 경찰의심문에도 동요하지않고 그들을 지켜습니다。그 당시 경찰에 거짓대응을 한다는것은 얼마나 힘든것인지、만약 거짓말이 발각되면 어떻게 말할당하는 하거나 아이면서 이해하고 있었으므로、어머니가 취한행동은 바로 목숨이었습니다。

나는 어린 마음에 그때 취한 어머니의 행동과정신에 감동하고、그것을 교훈으로 지금까지 살아 왔습니다。



作詞家 ブログランキングへ

「母を慕い讃える会」啓蒙普及推進歌が、国民共有の文化的資産として国立国会図書館に保存されました。
まほろばblog掲載記事 ●2016年03月28日
「母ごころ」直撃!! ●2016年03月16日
「母を思う歌」道新に! ●2015年01月30日
「日韓友好海苔」in 蔵前国技館 1月30th, 2015 ●2014年12月06日
後藤吉助翁、札幌で講演会「日韓架け橋海苔と母」 ●2014年06月17日
後藤翁、CD・カラオケ
・ 有線・HP・新聞登場

●2013年05月08日
「韓国人の本質」出版記念
●2013年02月19日
吉助とーうーさーん
●2010年04月23日
「日韓友好」の架け人

びんちょうたんコム

My Premaマイプレマ

掲載記事